上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
インフルエンザにかかるのいやですよね?


私たち家族は11月のはじめになると
必ず予防接種に行きます。


まだ子供が4才なのでインフルエンザ脳症が怖いからです。

やっぱり家族で予防しないとね。


ということでインフルエンザについて調べてみました。



インフルエンザはよく普通のかぜと混同されがちですが、
実はウイルスの種類がまったく違うんです。


症状も高熱がでるだけでなく、
場合によっては合併症も引き起こす恐い感染症です。


最初にインフルエンザとかぜの違いを
しっかり把握しておきましょう。




インフルエンザというのは、実は五類感染症といって
法律で国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症
のひとつとして定められているんです。


感染症としては比較的軽い方なんですが、
実は一類から四類には
エボラ出血熱、ペスト、SARSや コレラ、細菌性赤痢、腸チフス
などが含まれていますから本来とても怖い病気なんです。



普通の風邪
のどや鼻に症状が現れるのに対し、

インフルエンザは急に38~40度の高熱がでるのが特徴です。


また、だるい、筋肉が痛い、関節が痛いなどの症状も強く、
こういった激しい症状は5日間ほど続きます。


気管支炎や肺炎を併発しやすく、
重症になると脳炎や心不全を起こすこともあり、
体力のない高齢者や乳幼児などは命にかかわることもあります。



インフルエンザは突然、スゴイ勢いで流行しはじめます。


世界的に大流行し多くの死者を出した
「スペインかぜ」 「香港かぜ」などもインフルエンザです。


健康な人でもインフルエンザにかかると
本人が苦しい思いをするだけでなく、
ウイルスをまき散らして
まわりの人にも感染する場合もあります。



インフルエンザウイルスは
大きく分けてA型、B型、C型の3があり、
毎年流行を繰り返すごとに株が変異します。


特にA型は多くの変異株があり、世界的な大流行を引き起こします。
B型も流行がありますが、C型は軽症のことが多いです。


インフルエンザA型ウイルスは
渡り鳥などによって世界中に運ばれますから
どの型が流行するか
地球規模の動向を解析して予想されます。

インフルエンザ流行レベルマップ
(国立感染症研究所感染症情報センター)



日本でインフルエンザが流行るのは
だいたい12~3月です。


冬になると温度が低くなり乾燥するので、
空気中に漂っているウイルスが長生きできるからです。


また、乾燥した冷たい空気で
私たちののどや鼻の粘膜が弱っています。

年末年始には帰省などで多くの人の移動がありますから
この時期にウイルスが全国的に広がるのだとも言われており、
これらの原因が重なって流行しやすい時期となっています。


通常の風邪なら
特に手から手による接触感染の場合が多いようです。



それに対して、インフルエンザウイルス
は患者のくしゃみや咳、痰などで吐き出される
小さな粒子(飛沫) を通じて感染する場合(飛沫感染)が中心です。



くしゃみや咳といっしょにウイルス飛び出し、
空気中に漂っているうちに
他人の呼吸器に吸い込まれてどんどんうつります。


日本医師会ホームページには「咳エチケット」 というのがあって、


・咳・くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、
 他の人から顔をそむけ1m以上離れる。
・呼吸器系分泌物(鼻汁・痰など)を含んだティッシュを
 すぐに蓋付きの廃棄物箱に捨てられる環境を整える。
・咳をしている人にマスクの着用を促す。
・マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用する。

というように推奨されています。


-----------------------------------------------------


特にこんな人がインフルエンザに感染すると、
重症化合併症を引き起こす可能性が高いいので注意が必要です。


○ 65歳以上の高齢者
○ 妊娠28週以降の妊婦
○ 慢性肺疾患(肺気腫、気管支喘息、肺線維症、肺結核など)
○ 心疾患(僧帽弁膜症・鬱血性心不全など)
○ 腎疾患(慢性賢不全・血液透析患者・腎移植患者など)
○ 代謝異常(糖尿病・アジソン病など)
○ 免疫不全状態の患者



こういう人たちは、
日ごろから予防を心がけるのはもちろん、
重症化を防ぐためにも医師と相談のして
ワクチンを接種した方がいいようです。

こういった人たちだけに、
予防として承認された抗インフルエンザ薬があります。


使用の対象となるのは、
インフルエンザを発症している患者と同居している人で、


 1)高齢者(65歳以上)、
 2)慢性呼吸器疾患患者、又は、慢性心疾患患者、
 3)代謝性疾患患者(糖尿病など)、
 4)腎機能障害患者


ただし、予防のために薬を使う場合は、保険は適用されません。
また、予防の基本はワクチンになりますので、ワクチン接種をおすすめします。


また、本人だけじゃなく、
家族を含めまわりの人もワクチン接種を含む予防をしたり

もしインフルエンザにかかったら
早めの処置をしましょう。



インフルエンザワクチンによる予防は
ソ連型(H1N1)、A香港型(H3N2)、B型の3種類の混合ワクチンですので、
新型ウイルスが出現しなければ、このうちどの型が流行しても効果があります。


しかし、ウイルスの突然変異があるので効果が低下する可能性がありますが、
近年は予測技術も高まって、実際の流行とはほぼ一致しています。


今シーズンの供給予定量は平成19年10月2日時点で
2,520万本です。

-----------------------------------------------------


インフルエンザの流行・拡大は、
小学校で始まる
と考えられています。


小学生はインフルエンザに罹る率が高く、
それが家庭で成人や高齢者に感染していきます。


高齢者は罹る率は低いのですが、
いったん罹ると死亡率が高いので注意が必要です。


-----------------------------------------------------


インフルエンザにかかると合併症を引き起こす恐れがあります。
合併症の種類は様々で中には死に至る重大な合併症もあります。


最近、日本では小児のインフルエンザ脳症が深刻な問題になっていますね。


流行によって異なりますが幼児を中心として、
毎年約100~500人の発症、その10~30%が死亡、
そしてほぼ同じ数の後遺症患者が出ていると推測されています。



また、原因は不明ですが、
インフルエンザウイルスの感染が発症の引き金となり、
突然の高熱に始まって、1~2日以内に
昏睡などのさまざまな程度の意識障害をおこし、
短期間の内に全身状態が悪化し、死ぬことがあります。


-----------------------------------------------------



インフルエンザの中でも、A型のウイルスは
ヒトだけでなく、鳥やブタ、馬、鯨など他の動物にも感染します。

通常はヒトからヒトへというように同種の間で感染し、
ヒトが他の動物のインフルエンザにかかることはほとんどありません。


しかし、インフルエンザウイルスの遺伝子情報が
子のウイルスにコピーされる時に、
遺伝子情報が変更され性質が変わる(変異する)ことがあります。

変異によって、
これまでヒトに感染しなかったインフルエンザウイルスが
ヒトへ感染するようになり、さらに、
ヒトからヒトへ感染するウイルスが現れる場合があります。

このようにして、
ヒトからヒトへ感染する新しいインフルエンザが出現した場合を、
「新型インフルエンザ」といいます。


-----------------------------------------------------


予防法は、

・帰宅後うがいや手洗いをする、
マスクをつける、
・人混みを避ける


などです。


現在のワクチンは新型インフルエンザには効きませんが、
新型インフルエンザに効くワクチンを早期に実用化するために、
世界中で研究が行われています。


新型インフルエンザの治療には、
抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)が有効であると考えられています。
このため、国や一部の自治体では、
新型ウイルスの出現に備えて、抗インフルエンザ薬の備蓄を行っています。


-----------------------------------------------------



インフルエンザの症状ですが、

実はインフルエンザにかかってもすぐに症状が出るわけじゃありません。

1日~3日(平均2日間)の潜伏期というのがあって、
それからくしゃみや咳、悪寒、発熱、倦怠感などの症状が出てきます。

なので
くしゃみや咳などの症状が出る前の潜伏期でしたら、人にうつることはないんです。

ただいったんインフルエンザが発症すると
くしゃみや咳・痰などに含まれるウイルスを、
他の人が鼻やのどなどから吸い込んでしまって感染します。



インフルエンザウイルスは突然変異を起こしやすいウイルスで、
毎年流行を繰り返すたびに突然変異を起こして、
少しずつ違った性質のウイルスが現れます。


特にA型は変異を起こしやすいらしく、注意が必要です。


突然変異で性質が違っていると、
今までの免疫で防げなくなることがあるため、
以前かかったインフルエンザと同じようなタイプのインフルエンザに、
もう一度かかる可能性があります。

またA型とB型のインフルエンザに、同時にかかることもあります。


インフルエンザにかかった後、まわりの人にうつらなくなるのは
大体一週間をみてください。



個人差がありますが、
インフルエンザウイルスにかかって症状が現れてから2~7日間は、
ウイルスを体の外に出すと言われていて、
まわりの人にうつる可能性があります。


熱が高いほどウイルスをたくさん出すらしいので
熱が出ている間はまわりの人にうつさないように注意してください。
子供の方が高齢者よりウイルスを出す量が多いらしいです。



妊娠中も気をつけましょう。

妊娠初期の3ヶ月間に母親がインフルエンザにかかると、
将来子供が統合失調症(精神病の一つ)になるリスクが
7倍になるという研究結果があります。


妊娠中期以降にかかった場合は、
このリスクが高くなることはないようです。


くわしくは主治医に確認してください。



インフルエンザを判断する迅速キットがありますが、
もし感染していても初期でウイルスの量が少ない場合は、
(-)とでる場合があります。
キットの種類や検査する時期などによっても差があります。


ボクが深夜熱が出て翌朝病院に行ったときも
お医者さんから

「まだ8時間ぐらいだからね~。もしインフルエンザにかかってても
反応でない場合があるよ。」

といわれました。
ただし陽性(+)とでたら、その診断は確実です。


キットの種類によっては、A型・B型の区別も可能なようです。

だからといって病院に行くのがあまり遅くなるとよくありません。
症状が出たら48時間以内に受診しましょう。


現在、インフルエンザの治療に使われている抗インフルエンザ薬は、
インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。

いったん体の中に入ったインフルエンザウイルスは
猛烈な勢いで増え続けて、
症状が出てから2~3日後(48~72時間後)に最も数が多くなります。

ですから、ウイルスの量が最大になる前、
つまり症状が出てから48時間以内に
抗インフルエンザ薬を使って増殖を抑えれば、
病気の期間を短くし、
症状の悪化を防ぐことができる可能性があるというわけです。
ウイルスの数が少ないほど効果が大きくなりますから、
早めの治療ほど効果的です。



会社員がインフルエンザにかかった場合、いつ頃から出勤できるかについては
特に決まりはありません。

インフルエンザにかかった後は体力が落ちていることもあるので、
無理をせず、十分に回復してから復帰するのがベストです。

症状が出てから3~7日間は他の人へうつす可能性が高いので、
人が多く集まる場所はなるべく避けましょう。
咳などの症状が続いている時は、
ハンカチで口元を覆ったりマスクをするなど、
まわりの人への配慮も忘れないで下さい。


職場で感染を予防するには
部屋の中を加湿器などで適度な湿度(50~60%)に保ちましょう。



空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなるからです。

空気がこもっていると、
ウイルスが比較的長い時間空気中を漂っていることがあるので、
換気も忘れずにしましょう。

うがいや
手洗い
をこまめにすることも予防につながります。


インフルエンザにかかって症状がある間は、
まわりの人にうつさないためにも、マスクを着用しましょう。



でも案外こういった配慮をしない非常識な人がいますから
自分がマスクをするなど、
自分の身体は自分で守りましょうね。




学生さんの場合はちょっと違います。

学校保健法では、
「解熱した後2日を経過するまで」は登校を控えるように
と決められているので、
熱が下がって2日たってから登校するのが目安です。

ただし、
「病状により学校医その他の医師において
伝染のおそれがないと認めたときは、この限りではない」
となっているので、お医者さんに相談していつから登校するか決めましょう。


さて肝心のインフルエンザを予防する方法ですが、
本当に当たり前のことを当たり前にやることです。つまり、



・予防接種を受ける
・栄養と休養を十分にとる
・人ごみを避ける
・適度な温度、湿度を保つ
マスクを着用する

手洗い

うがい
をする


これ肝心です。



もし家族がインフルエンザにかかった場合は
他の家族にうつるのを防ぐために、


・患者はマスクをする
うがい手洗いをする
・時々部屋の空気を入れ換える
・部屋の湿度を適度(50~60%)に保つ


などに気をつけて下さい。



水分や栄養をとって安静にすることはもちろんですが、
普通のかぜとは違いますから、
熱が出たらできるだけ早く病院に行って治療を受けてください。





インフルエンザのワクチンは普通の風邪に効果はありません。
インフルエンザワクチンの予防効果は健康な成人では、
70~90%と高い効果が認められています。
また、ワクチン接種は高齢者の死亡の危険を約80%減らすなど、
重症化を 防止する効果もあります。



インフルエンザワクチンを接種してから
効果がでるのに2週間ほどかかります。
その間に感染する可能性はありますが
早めに接種する方が安心です。



妊婦の場合ですが
インフルエンザワクチンは病原性をなくした不活化ワクチンで、
胎児には影響がないといわれているようです。
でも一応ワクチンを接種される場合は、主治医に相談してください。

授乳中であってもインフルエンザの予防接種はできるようです。
ただし抗インフルエンザ薬は飲んではいけません。

薬は母乳を通じて赤ちゃんへ移行することがありますから、
薬を飲んだ場合は授乳は避けた方がいいといわれています。







インフルエンザ予防接種の副反応は軽微です。

主な副反応は接種局所の反応で、
赤くなったり、腫脹したり、疼くなったりすることがありますが2~3日です。


まれですが、熱がでたり、頭痛がしたり、
悪寒、倦怠感なども起こる場合があります。

インフルエンザワクチンによる可能性があると認定された死亡事故は、2,500万分の1件です。


卵アレルギーの人には
じんましん、発疹、口腔のしびれ、アナフィラキシーショックなどが
現れる可能性があります。


これはワクチンが発育鶏卵で増殖した
インフルエンザウイルスから作られているからです。

なので卵アレルギーの人は現行のワクチン接種はしない方がいいです。
ワクチンを接種する場合は、主治医に相談したほうがいいです。



インフルエンザワクチンは鳥インフルエンザやSARSには効果はありませんから
勘違いしないようにしてください。

原因となるウイルスが全く別のものだからです。







乳幼児がインフルエンザにかかると、一般的に高熱が出て、
鼻汁や咳など呼吸器の症状を中心に、
腹痛、下痢、嘔吐など消化器の症状も起きやすくなります。

大人と違って、
インフルエンザ特有の全身症状(頭痛、倦怠感、筋肉痛)が少なく、
普通のかぜと症状が似ていることもあり、判別が困難です。

処置が遅れると
インフルエンザ脳症をはじめ様々な合併症や
重症化を招く恐れがありますので、なるべく早く受診しましょう。



赤ちゃんや幼児(1歳以上~6歳未満)の場合
ワクチンを接種すると約20~30%の発病を阻止する効果がある
という研究結果があり、

インフルエンザにかかった時に
重症になったり合併症を起こす危険性が高い場合は、
接種を考えた方がいいかもしれません。


日本では
1歳未満の乳児ではワクチンの効果は確認されておらず、
生後6ヶ月未満の場合は、
ワクチンの効果や副反応がはっきりしていないこと、
母親からの免疫が期待できると考えられているので
ふつうは接種しません。

ただし欧米では、6ヵ月から24ヵ月未満の乳幼児は
インフルエンザにかかると重症になりやすいと考えられていて、
米国のようにワクチン接種を勧めている国もあります。


小さい子どもが他の病気にかかった場合、予防接種を受けるのは
お子様の回復を待ってからにしましょう。

病気の後は免疫機能や体力が低下していることがあるので
インフルエンザワクチンを接種しても十分な免疫が得られない場合があり、
期間をあけて接種した方がよいと考えられているからです。


予防接種ガイドラインというのがあって、
はしか(麻疹)や水ぼうそう(水痘)などに感染した場合には、
一般的には完全に治ってから4週間は
インフルエンザワクチンの接種をひかえた方がよいとしています。



子供の場合、インフルエンザの予防接種は2回接種する場合と
1回接種(中学生以上は1回でもよい)があります。
もし2回目の接種時期が来た時に、かぜなどで体調を崩している時は、
ワクチンの接種はいったん控えてください。

免疫機能が低下していることがあるため、
インフルエンザワクチンを接種しても十分な効果が得られない場合があるからです。
十分回復してから、接種を受けて下さい。


以前接種した時に体調を崩したことがあったり、
現在の体調がよくない場合は、接種回数を減らすこともあります。

また、最近インフルエンザにかかったり、
昨年インフルエンザの予防接種を受けている人は、
体の中にすでにある程度の免疫ができているので、
1回の接種でも十分な効果を得られる場合もあります。

何回接種するかは、最終的に医師と相談して決めて下さい。



65歳以上の高齢者の場合は、1回でいいようです。
ただ、新型インフルエンザが流行したら、全年齢層で2回接種が必要です。




海外旅行に行く前などに日本で受けたインフルエンザの予防接種は、
外国でも効くようです。



インフルエンザワクチンはウイルスの病原性をなくした不活化ワクチンで、
その効果はだいたい5ヶ月前後です。

ワクチンによってできた抗体はだんだんと体の中で少なくなっていきます。

なので、
次のシーズンが来る前には抗体は効果があるというレベルではありません。
だから、毎年ワクチンを接種する必要があります。





インフルエンザを治療する場合

インフルエンザウイルスの増殖を阻害するA、B型に共通な
抗インフルエンザウイルス薬が開発され、
吸入薬と経口薬、小児用のドライシロップが使用できます。

A型にのみ効果がある抗ウイルス薬の経口薬もあり
いずれも健康保険が適応されます。

一般の薬局や薬店では買えませんので医師に処方してもらいます。
「インフルエンザかな?」と思ったら、早めに医師の診断を受けましょう。



小さい子どもさんには
抗インフルエンザ薬で小児用のドライシロップがあります。
1歳以上の小児で使用可能です。




インフルエンザを発症している患者と同居している人で、
65歳以上の高齢者であれば、
医師の判断で予防のために抗インフルエンザ薬を使うことができますが
保険は適用されませんから自腹となります。

スポンサーサイト
2008.01.20 Sun l インフルエンザとは l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。